障害児・者のことばのセッションを楽しく行う専門資格を目指す!


はじめに

幼児期から学童期にかけて習得する言語能力は、その後の成長段階の学習成果に直結します。実際、障害児の療育や教育の現場では、児童のことば(発語・言語理解)の障害のために指導が思うように進んでいないのが現実です。ことばの音楽療法は、1音節の発語から2語文・3語文、そして知育までが療育が可能な指導法で、四半世紀にわたる愛知県での実践で大きな成果を示しました。ことばの障害を持った児童が次々と自らの発語で意思を表現できるようになり、これまでに約500人もの方々が今は社会でより自立度の高い人生を送っています。ことばに難を抱える児童がいらっしゃれば、ぜひご検討ください

ことば音楽療法とは

日本語には、古来よりわらべうたにみられるラ・ソ・ミの音(例:はないちもんめ)を使った独特の抑揚があります。ことば療法は、名古屋で小・中学校教師を長年勤めた堀田喜久男がこの抑揚をベースにメロディに乗せたもので、ことばの習得と発達を促す上で効果を上げた活動をメソッドとして体系づけたものです。


 ことば音楽療法は一般社団法人発達支援協会の商標登録です。

     

        登録番号:6221161号 

 

   



発語を促すメカニズム

発語が遅れる原因にはいろいろ考えられますが、その1つに聴覚認知の障害があります。リズムとメロディ(ピッチの高低差=音程)により音節ごとの認知力を高めていくことで、その後の発語の基盤を作ります。まずは1音節の母音発語から始め、徐々に2音節語から1語・2語文・多語文、そして数字・図形・時間・金銭などの知育へとつなげて、将来の生活自立を目指します。

創始者紹介



ことば音楽療法(通学・通信コース)開催


受けたい日が始まりの日!



 

 

 リモート通信コース

   スタートしました

 

 リモート受講+対面スクーリング(大阪にて)

   24時間     6時間

   

   どこの地域からでも受講できます。

     詳細は左のチラシをご覧下さい


ダウンロード
通信講座(リモート)
通信講座     (リモート).jpg
JPEGファイル 699.9 KB



学会開催情報



  2日とも同時生配信(ZOOM)


 

 第8回 日本ことば療法学会~大阪開催~

 

    日時:2021年6月26・27日(土曜日・日曜日) 

   場所:大阪府立大学 I Siteなんば

   

 対象者:特別支援学校・学級・言語聴覚士

     放課後等ディサービススタッフ

     保育士・ことば音楽療法士・親御さん他


ダウンロード
学会案内書
image.jpg
JPEGファイル 113.1 KB


ダウンロード
学会申込書
1619829418.jpg
JPEGファイル 78.4 KB

 

 

 1日目:ことば療法士を目指される方

 

 2日目:第8回 日本ことば療法学会



 

  Facebook やってます!

   お気軽にメッセージお待ちしております!

 

                     SNS発信中